• +03-6455-1117
  • info@cbd-seller.net

脳の健康のためのCBD

脳の健康のためのCBD

大麻合法化の肯定的な社会的影響がより明確になり、大麻の生理学的効果が重要な役割を果たす可能性が判明しました。

大麻は、その抗炎症作用によりアルコール毒性緩和することが示されています。また、飲む衝動を軽減することが示されています。大量の飲酒は、記憶と知覚に関連する脳の一部で神経変性(脳細胞の死)を引き起こす可能性があります。

いくつかの前臨床研究により、カンナビジオール(CBD)がアルコール誘発性の損傷から脳を保護する方法が示されています。たとえば、Journal of Experimental Therapyの 2005年のレポートでは、げっ歯類に注射したCBDが神経変性を60%減少させることが示されました。著者は、CBDの抗酸化特性が保護に関与する可能性があることを示唆しました。

そして、2013年の研究で、ケンタッキー大学の研究者は、過食症のげっ歯類モデルにおける経皮CBDの効果を調べました。最も強力なCBDゲル製剤は、神経変性効果をほぼ50%低減しました。

したがって、大麻は単にハーブへのアクセスを合法化するだけで過飲の頻度を減らすだけでなく、アルコールが私たちの健康に与えるダメージを減らすこともできるようです。

引用元はこちら
https://www.projectcbd.org/wellness/cannabis-binge-drinking

広報担当

Leave a Reply