主流の消費者製品ブランディング会社は、1億2000万ドル相当の取引でCBD会社を買収

主流の消費者製品ブランディング会社は、1億2000万ドル相当の取引でCBD会社を買収

12月の米国の麻の合法化に直接関係する取引で、消費財企業のブランディングを専門とする会社がCBDメーカーのCure Based Developmentを買収しました。

全株式取引であるこの売却は、今後5年間の3億ドルの予想収益に基づいて1億2000万ドルと評価されています。

レベルブランド(NYSE:LEVB)$ 300百万数字に達した場合は、そのポートフォリオのKathyアイルランドのブランドが含まれては、株式の同じ数の追加量とその普通株式15.3百万株を発行します。
Cure Based Developmentは、レベルブランドの完全子会社であるcbdMDとして事業を継続します。 CBD会社の創設者であるスコットコフマンがCEOを務めます。

両社はノースカロライナ州シャーロットに拠点を置いています。

ニュースリリースによると、ドナルド・トランプ大統領が2018年ファーム法案に署名した翌日、取引は12月21日に終了した。

法律は、このように麻の起業家のための新たなビジネスチャンスを開いて、スケジュール1の制御物質としてCBDを上場廃止ので、農業法案の制定は、トランザクションの完了における重要なステップでした。

Level BrandsのCEO、Martin Sumichrastは先月、投資家に、キャシー・アイルランドのCBD製品と競合するcbdMD製品は見当たらないと語った。

「市場は明らかに両方の製品ラインを実際に構築するのに十分な大きさだと思います」と彼は言いました。

引用元はこちら
https://hempindustrydaily.com/mainstream-consumer-products-branding-firm-buys-cbd-company-in-deal-valued-at-120m/

コメントを残す