• 03-6455-1117
  • info@cbd-seller.net

ニューヨーク市、メイン州CBDの法的混乱に陥った最新の管轄区域

new-york

ニューヨーク市、メイン州CBDの法的混乱に陥った最新の管轄区域

ニューヨークの健康検査官がCBDを注入した焼き菓子を押収し、レストランにカンナビジオールを注入した食品の提供を停止するよう警告するなど、CBDの法的問題は米国最大の都市を襲っています。

そしてメイン州では、麻の起業家がCBD食品を棚から取り除く同様の計画に抗議しています。

ニューヨーク市当局者は、米国食品医薬品局(FDA)によって承認されるまで、CBDを注入した食材の販売を許可しないと述べました。
ニューヨークのCBD取締りは、カリフォルニア州およびメイン州の保健当局からの同様の宣言に従います。

FDAは、たとえ合法的な大麻に由来するものであっても、CBDは違法な食品成分であると長い間主張してきました。しかし、CBDの施行は不安定です。

政府機関は、2018年の農場法案で麻製品を合法化したが、食品、医薬品、化粧品に含まれる添加物に対するFDAの管轄権を維持した後、12月にCBDを食品から排除するという呼びかけを更新しました

メイン州では、CBDの禁止により、この政策に抗議するために、オーガスタの州議​​会議事堂に何十人もの大麻起業家が集まりました。

州の代表者は、議員が販売を再開できるようにするために緊急法案を検討するとメイン州の公共ラジオに語った。

「私たちは、この問題を可能な限り迅速かつ責任を持って解決するよう努めています」と、州議員のクレイグ・ヒックマンは言いました。

引用元はこちら
https://hempindustrydaily.com/targets-cbd-reversal-roils-hemp-industry/

広報担当

メッセージを残す