• +03-6455-1117
  • info@cbd-seller.net

SCは、動物飼料、ペットトリート企業に、ヘンプ、CBDを使用して製品を再処方するよう指示しています

dog

SCは、動物飼料、ペットトリート企業に、ヘンプ、CBDを使用して製品を再処方するよう指示しています

CBDを含むヘンプ誘導体を含むペット用おやつや動物性食品は、連邦法で依然として許可されておらず、サウスカロライナ州の農業当局者は、今月、それらを販売する企業の取り締まりを開始すると述べています。


サウスカロライナ農業局(SCDA)は、消費者および動物飼料製造業者に、州内の動物飼料製品で麻およびCBDが許可されていないことを通知する予定です。
1月3日から、SCDAは、製品が流通中に見つかった場合、ペット用おやつおよび動物向け食品メーカーに手紙を送ると述べました。

手紙を受け取った企業は、ヘンプとCBDの成分を除去するために製品を再定式化してから、正式な登録申請書を機関に再提出できます。

SCDAは、代理店の時間枠内で行動するように通知された企業による失敗は、「さらなる規制措置につながる可能性がある」と述べた。代理店は詳しく説明しませんでした。

サウスカロライナ州で販売されている市販の動物飼料は、SCDAに毎年登録する必要があります。

米国食品医薬品局(FDA)の獣医学センターは動物飼料の成分を規制しており、すべての潜在的な成分は機関による正式な科学的レビューの対象となっています。

ヘンプとCBDは、動物飼料の原料としてまだ審査も承認もされていません。

11月下旬のFDAからの通知により、SCDAの行動は、食品中のCBDの安全性を裏付ける科学的情報が不足しているため、CBDが一般に安全であると認識されていると結論付けることはできませんでした(GRAS)。

引用元はこちら
https://hempindustrydaily.com/south-carolina-tells-animal-feed-pet-treat-firms-to-reformulate-products-with-hemp-cbd/ 
広報担当

Leave a Reply